ちいさな台所

日々の暮らし


いただいた栽培キット、パクチーの種まき。
種を浅く埋め、うすく土をかぶせます。

パクチーの種まきに適した時期は、3~5月とのことで、1ヶ月遅れ。
種まきしないまま、時間がいつの間にか経ってしまいました。パクチーの種にもごめんなさい。


まんまるの種は、胡椒の実のようです。中国では、古代より種を生薬としているのだとか。

パクチーは、世界のそこかしこで料理に使われていて、香菜(ツァンツァイ)、コリアンダー、コエントロと、名前も様々。それらの名前が結びつかなかった頃が懐かしく思い出されます。:)

種まきメモ

植えてから知ったことに…

パクチーを発芽しやすくするには、種を一日水につけておくとよいそう。
次回は、試してみたく!

栽培メモ

・ お水はたっぷり。朝夕水やりをするなど水切れをさせないように。
  (ただし夏場は、多湿にならないよう、むしろ乾燥気味がよいそう)

・ 気温は暑くなりすぎもダメ(上限25℃!)。

・ 日当たり・風通しのよさを好む。

・ 葉を食べることをメインにするのであれば、花芽を早め早めに摘み取る。
  (花を咲かせるのにエネルギーを使い、その後枯れやすくなるため)

花芽を摘むのは、摘むものと摘まないものとわけるといいのかも。花を咲かせて実をつけ、次のシーズン、また育てることができるので(パクチーは一年草)。


一冊まるごとパクチー本

エイ出版社編集部編
出典:Amazon.co.jp
デリッシュガーデンダブル アジアンセット(バジル・パクチー)

出典:Amazon.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です