ちいさな台所

日々の暮らし、ズボラいいかげん、よいかげん

初の目玉焼きにつづき、ホットケーキを、スナッキーのフライパンで焼いてみる。

結果、焦がしてしまう。

焼けがちなことは予想できたので、弱火(とろ火)& 早めにひっくり返し、裏面は予熱焼きとしたけれど、両面焼きすぎてしまう。

ホットケーキの裏返すタイミングとして、表面に気泡ができてきたらとよく言うけれど、今回の場合はその前にひっくり返してもすでに焦げていた。…というわけで、ひっくり返した後は、ほぼ予熱としたのだけれど、それでも焼きすぎてしまった。

焼き時間を短く& 濡れ布巾でフライパンの温度を一度下げるなど試して、”よい塩梅”を知りたい。

カンジンのホットケーキは、バスクチーズケーキ的に「焦げがアクセント」とはせず、片面は全面はがし、その他、焦げはとりのぞいて、いただきます。

ごちそうさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です