ちいさな台所

日々の暮らし、ズボラいいかげん、よいかげん

肉をステンレスフライパン(スナッキー)で焼いてみました。
鶏肉。それもみそ漬け。

ステンレスフライパンで肉を初めて焼くのに、
みそ漬けの鶏肉とは、ハードルを上げすぎな気がしたのですが、なんとなくの勢いで。

鶏肉は、もも肉を、適当な大きさに切って、ビニール袋に味噌と蜂蜜、キモチお醤油を入れて、冷蔵庫で一日寝かせておいたものです。

熱したステンレスフライパンに、オリーブオイルを入れ、
皮目からじっくり焼いていきます。


…結果、ステンレスフライパンは黒焦げ。
クッキングシートでも敷けば良かったな、と思ったけれど、あとの祭り。

( 肉は、ことのほかおいしく焼けました。)

で、焦げがこびりついたステンレスフライパンの後始末。

週末、専用クレンザーを入手していたのですが、
重曹でまずは試してみることにしました。
(最近、重曹、100円ショップでも手軽に手に入りますね!)

水を張ったステンレスフライパンに、重曹を入れて沸騰させること10分程。

すべての焦げを浮かしとることはできませんでしたが、
あたたかい内にスポンジでこすると、チカラいらずで、
すべてキレイにすることができました。すっきり。

禍転じて福となす、
雨降って地固まる、

はじめて!!、これからも付き合えるな、と、ステンレスフライパンへの信頼が芽生えました(大袈裟!ですね)。

これから、重宝できそうです。

ちなみに。ステンレスフライパンで焼くときの注意点として、以下のようなことがあるそうです。

1. 中火にかける。

2. 水を数滴落とし、水滴が玉のように転がる状態になるまで、ゆっくり熱する。

3. 肉を入れる。
  
皮つきの鶏もも肉や豚ロース、牛サーロインなど脂の多い肉をやくときは、ターナーで押しつけるようにしながら焼くと、脂が出て香りよく、カリッと焼き上がる。

Fissler フィスラーで作る私のレシピ ステンレス鍋編 (レシピ本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です