ちいさな台所

日々の暮らし、ズボラいいかげん、よいかげん

ぶりのお刺身が半額だったので、ぶり丼にチャレンジ。

ぶり丼

お醤油2、みりん1、お酒1の割合で沸騰させたあと冷まし、すりおろした生姜とニンニクを入れたつけダレに、お好みの厚さに切ったぶりを投入、一日冷蔵庫でオヤスミ。

ゴハンに、ぶりを盛り付け、温泉卵・小葱とすりおろした生姜、ゴマを散らし完成!

ちなみにぶりは残ったので、明日、軽く焼いていただく予定。

お味噌汁

前日食べたボタン海老の頭で出汁をとり、何を具にするでもなく、のこりものの葉物、白菜・小葱で。

温泉卵

この「ステイホーム」期間中に、初めてつくりました!
今回のぶり丼に限らず、これまで目玉焼きを載せていた料理を、温泉卵に変えるだけで、違った雰囲気がたのしめますね(ガパオライスやビビンバ丼など!)。新たなところではパスタにも、温泉卵添えたりしています。

で、たどりついた作り方。

  1. お鍋に、卵がつかるくらいのお水を沸かす。
  2. 沸騰したら、コンロから降ろして水をコップ半分程加え、卵を入れて、フタをして、10分程で完成。
    (冬場であれば+2分程か。お水の量や鍋の厚さなどでも変わってきます)

ちなみに、上記で簡単につくれたのが嬉しくて、次は更にズボラにと、沸騰したお湯に水を加えず、時間を減らして8分でつくってみたところ、すっかり「ゆで卵」でした。お水を後から加えた上で、卵を入れるの、ココ大事です!

海鮮丼は、そのままの白米か酢飯か…

ぶり丼、今回はフツーの白米としたのだけれど、次回は酢飯でつくってみたい。
海鮮丼、酢飯でつくりますか?フツーのごはんでつくってますか?

最近、めっちゃオススメ!!と、あのお好み焼きソースで有名なオタフクのすし酢をすすめられたのだけれど(オタフクがすし酢を出していることにもびっくり)、まわりでは見かけない…と思ったら密林、アマゾンに。けれど、その量1.8リットル!、とりあえず自家製でのトライとなりそうです。

シメは、お茶漬け

そうそう、今回のぶり丼、途中でオナカいっぱいになってしまい、残りはお茶漬けでいただきました(これはこれで、おいしかったです! さっぱりと少量の梅とわさびでいただくことで、ぶりの油も和らいだような)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です